おすすめのfaxdm業者の選び方

企業の宣伝活動の一つとして根強い人気があるのがfaxをつかったdmです。dmというと郵送で受け取ることが一般家庭では多いでしょう。しかし一口にdmといってもその種類は様々です。郵送はもちろん住所を必要とせずに直接ポストに入れるdmもあればfaxを利用したdmもあります。faxを利用したdmのメリットは開封率が100%であることです。郵送のdmは封筒を開封せず、肝心の中身が見られることなく捨てられてしまう可能性もありますが、faxであれば必ずだれかの目に触れることになります。faxでdmを送る場合、自社で行うと手間がかかるため専門の業者を利用するとよいです。最近ではインターネットでも簡単に検索することができるため費用が明確であることや実績がどのくらいあるのかなどをポイントに業者を選ぶとよいでしょう。

業者を使ったfaxのdmを利用するメリットとは

faxを使ったdmを利用する最大のメリットは郵送のdmとは異なり開封が100%であることです。faxは封筒等に入っていないため受信した際に必ずだれかが目にすることになります。またこの他に低コストで宣伝活動が行えるという点があげられます。郵送のdmの場合、まず郵送するための紙を準備し、印刷しなければなりません。また用紙代、印刷代に加えて郵送代が必要となります。しかしfaxを使う場合は原稿を1つ用意すれば全国各地に送ることができるため用紙代や印刷代を節約することができ、faxの通話料のみで多くの企業に宣伝活動することができるのです。また必ずしも自社で送らなければならなく、専門の業者が多く存在しています。こうした専門の業者を利用することにより、自社活動を行う手間も省くことができるため社員は本来の業務に専念することも可能となるのです。

faxのdmは業者を活用することで楽に行える

低コストで行うことができるfaxでのdmですが、自社で行うと、どこに送るのかをリストアップすることから始め、送りたい先のfax番号を調べ、さらに一件一件faxを送信しなければなりません。これは非常に手間がかかってしまいます。また宣伝活動のために時間と労力を費やすことになってしまい、本来の業務に支障をきたす恐れもあります。しかし専門の業者に依頼することで、こうした業者はあらゆる企業のリストを持っているため、その中からどの地域のどんな業種の企業にdmを送るかも選ぶことができ、手間なく宣伝活動を行うことができます。専門の業者はインターネットから検索することができます。データのやり取りで打ち合わせを行うことができ直接来社する必要のない場合も多いため、近くに業者がない場合でも依頼することが可能です。

他の広告に比べて、faxdmはターゲットからの反響が早いのが特徴です。 faxdmは情報を届けたい相手に直接DMを届けることができます。 faxdmは費用対効果の優れた広告ツール。 faxdmをアンケートとして利用するなど、様々な活用方法をご提案します。 郵送DMが60~100円かかるのに比べて、faxdmは1/10のコストです。 効果的な原稿の作り方をアドバイスします! FaxのDM業者ならネクスウェイをご利用ください。