トップ / パンフレット用写真の撮り方

宴会用のパンフ印刷

パンフレット用写真の撮り方

宴会のパンフに載せる写真

パンフレットや宣伝のフライヤーでひときわ目をひくのは、やはりおいしそうな料理の写真だと言えるでしょう。自分のお店の最大のアピールポイントでもあるおいしそうな料理の写真は、どのようにして用意すればよいのでしょうか。

専門のカメラマンを呼んで料理の写真を撮影してもらうという方法もありますが、やはりきちんとしたものを取ってもらうためにはそれなりの出費を覚悟しなければなりません。パンフレットの内容を充実させるためにも、写真はできれば自前で用意したいという方は、「情報」、「構図」、そして「シズル感」を意識して写真を撮影すると良いでしょう。

まず「情報」というのは、文字通り写真を通してメニューに関する情報が過不足なく伝わるか否かという部分です。パンフレットなどにおいてはイメージだけを伝えるのではなく、メニューにどのような料理が含まれているのかという情報をきちんとお客様に伝える必要があります。どういったメニューが提供されるのかということが分かるように、必ずコース内容に含まれるすべての料理が写るようにした方が良いでしょう。

次に「構図」に関してですが、これは料理をいかにおいしく見せるかという部分になります。コースの主役になる料理が最もおいしく見えることが重要になるので、逆光や斜光などを使って、メインの料理がおいしく見える角度を研究してみることが重要になります。

最後に「シズル感」ですが、これも料理をいかにおいしく見せるかという部分のことになります。シズル感とは、料理がまるで目の前にあるかのような臨場感を写真を通して表現することを言い、それを演出するために、例えば肉を焼いたときに白い蒸気が立ち上っている状態や、サラダなどの野菜にみずみずしい水滴がついている状態などをしっかりと写すことで、まるで目の前に料理があるかのような感覚を表現することが重要になるのです。