何を基準にfaxdm業者を選ぶか

dmの方法といえば、ハガキや手紙を送る方法や、公開されているメールアドレスへのアクセスなど、まさにダイレクトにメールを送る方法です。しかしハガキや手紙は郵送料と印刷代がかかり、効果的な宣伝にするなら専門の会社にデザインを依頼することになり、デザイン代がかかることもあります。メールアドレスへの送信の場合、開封されずに既読もしくはゴミ箱という形になり、読んでもらえるのはタイトルだけという事もあります。しかしfaxの場合は、必ず誰かの目にとまりますし、一括送信代行業者に依頼することで必要な相手先のfax番号も手に入り、郵送料ほど通信費などはかからず、むしろ代行手数料と通信費を合わせ比較的安くなる上に、わずらわしい作業も減るので本来の仕事に集中できますから、低コストで効率的な宣伝が可能となります。

dmはリスクを考えてfax一括送信代行業者を調べる

fax一括送信代行業者は、数多くあり、そのサービスの方法もさまざまです。fax番号を購入する方法や、月額制度や、件数制度など、よく読むと料金の体系は色々あります。また細かいサービスも違います。原稿に対するアドバイスや、届かなかったfax番号に対する処置、着信拒否をされた時の対処、失礼のない時間に送信するなどの配慮が出来るのか、トラブルが起きた時の対応など、会社によってさまざまです。着信拒否や、断りの連絡がきたにも関わらず、何度も繰り返し送信してしまうと、送信先にとって業務妨害にも繋がりかねないです。料金体系もコスト面で大切なことですが、かけるべきコストをかけず、却って信頼を失う、または余計なお金を支払うことになるようなことがないように、特になる面ではなく、まずはリスク面に対する対応のサービスをチェックすることで、より効果的なdmになります。

fax一括送信代行業者にdmを依頼する時には実績も重視する

fax一括送信代行業者だけではないですが、業績という点は軽視できない点です。もちろん新規業者でもサービスの良い会社はありますが、長く存在する会社というのはノウハウも信頼もある会社ともいえます。dm自体も古くからある手法ですが、faxを使ったdmも、もう最近にできたサービスとはいえない期間になっています。まずはそのような業者について調べてみることで、信頼されている会社の特徴がつかめると思います。また営業の方の対応をみることも大切です。お互いが信頼と尊敬を持って仕事ができるのか、という点も、やはりどのような仕事であっても重要視される点です。しかし一番大切な点は、自分が求めている業者へのデータを持っているのかという点です。どんなに信頼ができる業者でも、自分が求めている業者のデータが無ければ意味がありません。判断材料として、保有データ数を調べてみることもひとつの方法です。