トップ / 費用対効果が得られるパンフとは

宴会用のパンフ印刷

費用対効果が得られるパンフとは

集客力の高いパンフレットを作る

前述したように、掲載する写真などを工夫することで、パンフレットの集客効果を高めることは可能になります。ここからさらにパンフレットの集客効果を高めるためには、「オファー」と呼ばれる工夫を用意する必要があります。

オファーとは、お客様に直接訴えかけることで、お客様の購買意欲を誘うことを言います。より分かりやすく言うと、例えば居酒屋の場合であれば「このパンフレットを提示するとビール1杯無料」などの特典をつけることを指します。

パンフレットにオファーを付属させる場合は、割引券や幹事さん無料券などの券をパンフレットに付属させておくのが基本であり、オファーをつけることでお店のアピールの役割だけでなく直接的な集客効果も高いものへと変化します。

また、宴会のお客様は大人数で訪れるため、割引券をグループ内の複数人で使えるようにしておくことも大切になります。なるべくなら、券1枚でグループ全員に有効といった形が望ましいものと言えるでしょう。

オファーをつけることは、集客力の向上以外にも大きな役割を果たすものとなります。割引券などはお店側で回収するものであり、お客様から回収した割引券をお店で集計することによって、パンフレットにどの程度の集客効果があったのか、パンフレットの作成費用に対してどの程度の集客があったのかという費用対効果を測ることができるようになります。

このような分析を行うことで、どのような点がお客様に受け、またどのような部分がお客様に訴えられなかったのかということを反省し、パンフレットをより集客力の高いものへと改善してくことも可能になります。こうして、より集客力の高いパンフレットを作成することもできるようになるのです。