faxdm送信は業者に任せるのがおすすめ

dmといえば、インターネットメールのほか、営業チラシをはがきやレターなどで送るというのが一般的ですが、1件あたりの単価をおさえつつ、より開封率の高いfaxdmに注目が集まっています。はがきやレターでは、発送費用はもちろんのこと、印刷費用や封入れ、ラベル張りなどのコストもかかります。一方faxdmでは、一斉に配信できることから短時間で宣伝ができること、送信料は一般的なfaxよりもお得である事など、効率よく営業活動ができおすすめです。faxdmの導入を考えているなら、業者を探しましょう。あらゆる業者の中から、導入にかかる費用、ランニングコスト、配信の品質、原稿作成へのアドバイスの有無、クレーム対応の有無、サポートの有無など、業種や送信件数などに合わせ、比較検討しましょう。

faxdmの業者選びはサービス内容とコストで選ぼう

faxdmを送る際には、1件ずつfax番号で送っているわけではありません。膨大な数の対象へ送りたいからこそ、業者を活用しましょう。faxdmの業者なら、一斉送信、地域別や業種別など、目的に応じた送信リストの管理・作成、送信履歴や配信停止先などの管理、どこに何を送ったのか、原稿と送信先の紐づけなども行ってもらえ、面倒な管理を一括しておまかせできるので、大変便利です。費用は初期導入費用が発生する場合もありますが、ランニングコストとしては、送信する件数に応じた1枚あたりの単価が決められており、その件数分のコストとなりわかりやすいです。また、オプションで原稿の作成や、原稿から送信まで一括してお願いすることができるなど、時間と労力をかけずに営業活動ができ、業種や配信件数に応じた活用方法ができます。

faxdmは反応率、コスト面でもおすすめ、業者の利用がお得

広告をするなら、一般的なdmより、広告を出すことより、断然faxdmがおすすめです。広告をするからには、それなりの効果を期待したいものです。一般的なdmでは、送った数の分だけ、読んでもらえるというわけではないこともあり、0.1%ほどの反応率と言われています。一方、faxdmの反応率はターゲットをしぼり、開封率が高いことから0.3%と少し高くなっています。どちらの場合ももちろん原稿や配信のタイミングによって変わりますが、1度ではなかなか結果は得られないものです。ターゲットに対し、数回のアプローチをかけることが重要であることから、1件に対するコストが重要なのです。広告にできるだけ時間をかけず、費用対効果を上げる目的を考えるのであれば、faxdmの活用をぜひおすすめします。配信は業者の利用が効率よくおすすめです。